ビオ・荒川さいたま

>>>Story

自然豊かな
荒川河川敷へ

子どもの頃の田島ヶ原

さいたま市の荒川河川敷(荒川左岸堤防外)とその周辺の自然環境保全に取り組むビオ・荒川さいたま。代表を務める福島一之さんは、子どもの頃、田島ヶ原で野球をしたり遊んだりした思い出の持ち主。定年後、高度経済成長によって失われた河川敷を、子どもの頃のような自然豊かな荒川河川敷に戻したいと、活動を始めたそうです。

節気ごとに観測・公開

ビオ・荒川さいたまでは、「二十四節気」に合わせて月2回、サクラソウ自生地の定時観測を行っています。二十四節気とは、1年を24等分して約15日ごとの節気に分けたもので、季節の移り変わりを的確に示しています。

毎月27日にも、桜区から西区にかけての荒川左岸河川敷を定時観察しています。その日は福島さんのお母様の月命日。お墓参りも兼ねた観察時、あの頃の荒川に思いを馳せています。これら定時観測と観察の結果をまとめたレポートは、ホームページやブログ、メルマガで発信しています。

サクラソウ

元々の在来植物を大切に守りたい

荒川第一調節池の敷地内にあるサクラソウ自生地。治水が進んだことで上流から流れてくる肥沃な土と湿地環境を失い、ピーク時235万株ほどのサクラソウが60万株ほどに減っています。

河川敷の抱えるもう一つの問題が、耕作放棄地の存在です。繁殖力の強い外来植物が伸び放題になると、この地に元々生えていた在来植物を窮地に追い込みます。福島さんたちは数年かけて外来植物を除去してきましたが、メンバーの高齢化もあり、周囲の理解を得るのも難しく、なかなか続かないのが現状です。

ヨシ刈り作業風景

天然記念物指定100周年を
迎えたサクラソウ自生地

特別天然記念物田島ヶ原サクラソウ自生地は1920年に天然記念物に指定され、2020年で100周年を迎えました。これを記念して、福島さんを中心に『天然記念物指定100周年記念 さらなる100年に向かって』を制作。市内図書館や小学校などに直接届けました。

この本は、「桜エコ・フェスタ」で知ったサイサン環境保全基金から助成を受け、2019年にコラボした「笹目川の環境を守る会」から出版社を紹介されて250部を制作したものです。桜エコ・フェスタの実行委員長も務めた福島さん。「川の利用は、1に「治水」(洪水対策)、2に「利水」(水道)、3に「環境」はもっともですが、環境をもっと大事にしてほしい」と言います。さいたまの大切な宝に、多くの方が関心を持ってくれるよう、地道な努力が続きます。

  ビオ・荒川さいたま

HP:http://arakawasaitama.com/
HP : https://sakura-kc.saitama.jp/kankyo/group/arakawasaitama
ブログ : https://blog.goo.ne.jp/bioarakawasaitama
E-mai:tetraodon17☆gmail.com
※☆を@に変えてください。
Tel / Fax : 048-862-2059