Uraura
Uraura
Uraura
Uraura
Uraura

さいたまで長ーい間、営まれてきた里山の暮らし。その中で形作られた、人と自然との“ちょうどよい関係”をずっと続けていきたいと活動する人たちがいます。遥かな山や美しい渓谷はないけれど、街を流れる川や田んぼや雑木林など、暮らしの近くにある自然を守ろうとしている人たちをご紹介します。

 浦和自然観察会

《 エコアクト宣言 》
みんなの自然を、みんなで守り、みんなで楽しむ

 特定非営利活動法人 エコ.エコ

《 エコアクト宣言 》
自然素材を使って、ガリガリトンボを作る

 笹目川の環境を守る会

《 エコアクト宣言 》
川はまちの顔、水辺景観はまちづくりの要

 ビオ・荒川さいたま

《 エコアクト宣言 》
子どもの歌声晴れやかな四季の花咲く荒川堤防

桜環境センターのビオトープ「シーオ(SEEO)」は、地域の生きものに「出会える」「さわれる」をコンセプトにつくられました。 今では年間400種類以上の生きものが確認されています。 見学自由で、どなたでも気軽に散策できます。

桜環境センターのビオトープ「シーオ(SEEO)」