一般社団法人
朗真堂

>>>Story

真面目な人を
ゆっくり応援

エコ・フェスタの常連

2015年から、飲み物や軽食の販売で桜エコ・フェスタに参加する一般社団法人朗真堂。普段はホームページの制作やパンフレット作成、webでの古書販売などを行う、就労継続支援では珍しいIT系の事業所です。

「桜エコ・フェスタは、ステージが印象的ですね。いろいろな人が出演して活気があって、この日のために練習してきたんだな、今日はご家族が応援にきているんだな、と思えて、とてもよかったです。ものを売るだけではない、それ以上の楽しさを感じます」と話すのは、エコ・フェスタ副実行委員長の経験もある、朗真堂理事の鈴木知子さん。

桜エコ・フェスタに参加

Web・デザインで社会復帰を応援

さいたま市内で運営する就労継続支援事業所では、精神の疾患をもつ方が多く、A型20人、B型14人、就労移行8人の利用者さんと15人のスタッフで活動しています。

利用者さんの多くは、一般企業で働いて体調を崩した方。働く時間を短く、負担を少なくしたら働けるよねと、一般の会社業務に近い業務を行っています。それは、社会復帰に近い仕事とも言えます。HP制作などの仕事は、知り合いや市の紹介、入札などで受注していますが、なかなか思うようにはいかないのが現状です。

「プロの技術で、どんな小さな仕事でもお受けしますので、ぜひお声掛けください」と鈴木さん。

本やCDをリサイクル販売

朗真堂の事業のもう一つの大きな柱は、寄付された本やCDをきれいにクリーニングして販売すること。大切に読まれてきた本を、再び誰かの手に渡す仕事は、利用者さんの働きがいにも繋がっています。皆さんが寄付してくださった本が「仕事」になり、「生きがい」になります。古くてもいいので、読まない本があったらぜひ寄付してほしいといいます。

本の出荷作業

無理せず、前向きに続けたい

「利用者さんは、前向きに向上したい人ばかりです。頑張っていきたいから来る。だから、接するのも楽しいし、日々体調が良くなっていくと嬉しいです」と鈴木さん。ホームページを見て、横浜から本を寄付してくれる人がいた時は、とても嬉しかったといいます。
この社会の中では、真面目な人ほど体調を崩しやすいのかもしれません。自分は自分でいい、人に合わせたり、無理しすぎることなく、自分で自分を認められるように暮らしていくために、朗真堂は大切な拠り所となっています。

※ 本の寄付は、桜環境センター2階、環境啓発施設でもお預かりしています。事前にお電話の上、お持ちください。
Tel : 048-710-5345(桜環境センター・環境啓発施設)

一般社団法人 朗真堂

住所 : 〒331-0815 さいたま市北区大成町4-35−4-2F
HP : https://romado.net/
E-mail : info☆romado.net
※☆を@に変えてください。
Tel : 048-782-9003 / Fax : 048-782-9208